おいしい紅茶の店 店舗数日本一!

尾張旭市は、日本紅茶協会が認定する「おいしい紅茶の店」の認定店の数が日本一!
日本で一番、紅茶のおいしい町なのです。

日本紅茶協会は、昭和14年に出来た紅茶の輸出のための協会(昭和の中頃まで、日本は世界に向けて紅茶を輸出していた紅茶の輸出国だったのです。)が元になった、日本を代表する紅茶の業界団体です。
おいしい紅茶の店」とは、その日本紅茶協会が認定した、「紅茶を美味しく飲ませてくれるお店」です。
推薦すれば認定されるわけではなく、いろいろな条件をクリアして推薦されたお店を、1軒づつ覆面審査員が審査して合格したお店だけが認定されるのです。認定されても定期的に覆面で審査が有り、おいしい紅茶が飲めなくなっている場合は認定が取り消されてしまいます。この辺りは非常に厳しい審査がされます。
いわば、「お墨付きの紅茶がおいしいお店」なんですね。

そんな「おいしい紅茶の店」は、今日(平成29年5月20日)現在で尾張旭市内に18店舗。
次が大阪市、名古屋市、京都市、横浜市と続きます。
どれくらい凄いのか、図にしてみました。

大都市をダントツに引き離しての日本一。圧倒的ですね。凄いでしょ。
市役所には日本紅茶協会から授与された、「日本一」の認定証も有るんですよ。
https://www.city.owariasahi.lg.jp/kurasi/sangyou/kankou/jouhou.html

認定書

認定書

認定証(平成23年11月1日付け)

認定証(平成25年11月1日付け)

この美味しい紅茶の日本一は、尾張旭市観光協会の有志が中心となった「尾張旭を日本一にする会」が、市内の飲食店に声をかけ、勉強会を開催したり、紅茶の仕入れ先を変えたり、お店のメニューを変えたりして努力した結果です。
現在は尾張旭市観光協会が引き継いで紅茶の町おこしを進めています。

これを受けて、2012年から日本最大級の紅茶の祭典紅茶フェスティバル in 尾張旭が開催されています。

ぜひ尾張旭市に美味しい紅茶を飲みに、そして紅茶フェスティバルにお越しください。

保存

保存

保存