輪島市白米千枚田田植えバスツアー

5月12日(土)~13日(日)にかけて

今年も輪島市白米千枚田へ田植えバスツアーを行いました。

 

このバスツアーは尾張旭市が

「大規模災害時等における相互応援に関する協定」を締結している

石川県輪島市との地域間交流事業として、

世界農業遺産・白米千枚田で田植え体験を行っているものです。

 

今年の参加者は小さなお子様方も含めて40名

 

名鉄観光さんのバスは

おもてなしバスという少し通常より大きめのバスでしたが

ほぼ満席状態での出発となりました

最初の立ち寄り先は

石川県金沢市内にある「兼見御亭(けんけんおちん」

昼食会場です

金沢名物の「治部煮(じぶに)」を召し上がって頂きました

そのあとは昔の面影を遺す「ひがし茶屋街」を観光散策

夕方輪島にある今晩のお宿に到着です

夜は、

輪島市の方と

日本全国から参加している千枚田オーナーの方々との交流会に

希望者の方々と参加しました。

輪島のお酒「千枚田」はとても飲みやすく美味しいお酒でした

 

翌朝はいよいよ田植え

張り切って目覚めたものの朝から雨が・・・

結構しっかり降ってます(涙)

オープニングは副市長さんのご挨拶から。

雨だから御陣乗太鼓の実演は中止となりました

田植えの説明を受けます

保存会の方が着ていらっしゃるのは

雨降りの時に昔は着ていた蓑と笠

雨だからこそ見られる今では貴重な姿ですね

皆さんしっかりと雨対策をして

泥に足を取られながらも田植えを頑張っていただき

予定通り無事田植えを行うことができました。

ご参加いただいたみなさま本当にありがとうございました。

作業後

地元の方々に作ってふるまっていただいた

たけのことわかめのお味噌汁をテントの中でいただきました。

(画像は晴天時の去年のものです)

冷えた体に温かいお味噌汁がありがたかったです。

おむすびとお漬物はバスの中でおいしくいただきました。

途中道の駅に立ち寄った後は

富山県五箇山の相倉集落へ

雨でしっとりと落ち着いた日本の風景を楽しみ帰路に着きました。