吉賀池湿地 2018年 夏の一般公開

尾張旭市指定天然記念物「吉賀池湿地」の公開日

初夏の公開日

6月6日の中日新聞に

『ハッチョウトンボ今年はいっぱい!』という記事が

「なごや東版」に掲載されたことと

お天気が良かったこともあり

6月9日(土)は200人ほどの見学者があったようです。

見学観察に行った6月10日(日)は

一転、台風予報が出て、今にも降り出しそうな曇天でした。

 

湿原の中にクネクネするする~っとした植物が・・・

お目当ての

「コバノトンボソウ(小葉の蜻蛉草)」花期:6月~7月

トンボが羽を広げている姿に見える植物です。

緑の草の中にいてもパッと目を惹く真紅の「ハッチョウトンボ(八丁蜻蛉)」

オスが鮮やかな赤色でメスは黄色と茶色の縞模様で褐色をしています。

日本最小の体長2cmのトンボです。

お天気が良い日は湿地の上を今年は珍しく数十匹が飛び回っているようですが

今日は近くにカメラを向けてもじっとして動きません。

でもあまりに小さくてなかなかピントが合いませ~ん

湿原の中に白く点々とみえるのがモウセンゴケ

ピンク色のトウカイモウセンゴケは

おひさまが出て晴れている9日(土)の公開日にはあたり一面ピンク色が確認できたそうですが

くもりの10日(日)はすべて花が閉じてしまって

トウカイモウセンゴケのピンク色の花は見ることが出来ませんでした

こちらが

可憐な小さな白い花が愛らしい「モウセンゴケ」花期:6月~7月

 

次回

 

夏の一般公開は8月4日(土)5日(日)と9日(木)

公開時間は午前9:00~正午まで(雨天中止)

ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサ

他、絶滅危惧種に指定されているミズギク、サギソウが観察できます

 

時季によって咲いていない場合もありますが

上記のような植物を観察することが出来る貴重な湿地です

湿地に渡した板の上を歩きますので
歩きやすい靴や服装で直接現地へお越しくださいね
お天気が良い日は帽子も必要ですよ
案内人の方もいらっしゃいますので
植物のお話も聴くことが出来ます

臨時の駐車場が
旭ヶ丘運動広場内にありますので
道路には駐車をしないようにお願いいたしますね