全国植樹祭シンボル「木製地球儀」リレー展示 引き渡し式

尾張旭市にある愛知県森林公園で開催される

『第70回全国植樹祭』まで後52日

4月11日(木)

尾張旭市役所で全国植樹祭のシンボル「木製地球儀」の引き渡し式がありました。

平成30年福島県で開催された第69回全国植樹祭ふくしま2018にて、

福島県知事から愛知県知事に引き継がれた全国植樹祭のシンボル「木製地球儀」を、

名古屋市を皮切りに、県内全市町村においてリレー展示しています。

 

21世紀は地球環境の時代であり、

森林・林業がさらに重要な役割を担うというイメージを「木製の地球」で表現し、

それを国民・企業・行政の3者の手で支えていく姿を「3枚の葉」で表現しています。

[素 材]  地球(ヒノキ)、葉(ナラ)、基台(ケヤキ)
[サイズ]  高さ(60cm)、幅(50cm)、重さ(14.7kg)

瀬戸市長から開催都市である尾張旭市長へ引き渡し

木製地球儀は4月25日(木)まで

尾張旭市役所南庁舎1階ロビーにて展示しています。

また前回愛知県で開催された全国植樹祭の写真や

全国植樹祭についての資料を壁に掲示していますので併せてご覧ください