[ヤーコン]畑の見学に行ってきました

尾張旭まち案内では「ヤーコン」の加工品の販売をしています。

ヤーコン茶
ヤーコンの葉と茎を使用。
ほろ苦くスッキリとしたおいしさがあります。

 

ヤーコンうどん(2食入り、めんつゆ付き)
ヤーコンを粉末にして練りこみました。
半生麺のもちもちした食感とツルツルした喉越しが特徴。
ツユもついているので麺を茹でるだけで召し上がっていただけます。

ふところ餅
ヤーコンを粉末にして米粉で出来た餅に練りこみました。
ほんのり甘く大きさも手ごろなので気軽に召し上がって頂けるお餅です

 

そして冬は原料となるヤーコンの収穫時期になります。

ヤーコンって、どんな風に育てているの?
と疑問だったので謎を解明すべく^^
昨年末、生産者のマルチファームみうらさんのヤーコン畑まで見学に行ってきました。

2mほどに成長するヤーコン

霜に当たり葉が茶色く枯れていますが成長期には青々とした葉が繁っているそうです。
その見学は、また次の機会という事で・・・

ヤーコンの芋は地中にあるので、まずユンボで締まった土をほぐします。

鋤を使って丁寧に土を掘り芋を起こします。
ここを優しく作業しないと芋が折れてしまい商品になりません。

サツマイモのようにいっぱい芋がついています。

芋の上にゴツゴツと見える白い部分が種イモ
来年4月の植え付けの時はこの種イモを何球かに分けて畑に植え付けます。

ひと固まりがひとつの種イモから採れるヤーコンの量

収穫して1週間ほど追熟させてから出荷されます。

尾張旭まち案内でも、季節限定で「ヤーコン」のお取り扱いをしております。

 

ヤーコン

◆栄養◆
フラクトオリゴ糖は知られている野菜でNO.1
ポリフェノール、ミネラル、 カリウム、 カルシウム、 マグネシウムなどのミネラルも豊富な野菜です。

◆旬◆
11月から2月まで

◆保存方法◆
・冷暗所で保存
(1週間~10日位は大丈夫)
・切った物は冷蔵庫に

◆特徴◆
形はサツマイモに似て、それ自体に甘みもあります。
歯ざわりは生だとナシのようで、炒めるとクワイのようなシャキシャキとした食感があります。

 

◆下処理◆
使う際はピーラーなどで皮をむきます。

むいて細切りやスライスなどに切った後は
数分間水にさらしておく方が仕上がりが白く綺麗に上がります。
浸水しすぎると栄養価が抜けてしまうので漬けた水もぜひお料理にお使いください。
色が変わるのが気にならなければ水にさらす必要はありません。

酢水でもOKです。

[調理例]

きんぴら
1.ヤーコンはスライサーで太千切りし、サッと水にさらす。
2.人参もスライサーで太千切りにしフライパンにごま油入れて炒める
3.ヤーコンも加え人参がしんなりしたら、
みりんとしょうゆを同割加え味を整える
4.器に盛り、すりごまをふる

サラダ
1.ヤーコンはスライサーで太千切りし水にサッとさらし水切りしておく。
2.サラダチキンをほぐす
3.ボウルに柚子胡椒、マヨネーズ、ピクルス、ヤーコン、
サラダチキンを入れ和え混ぜ盛り付ける
4.あれば飾りにピンクペッパー
※ピクルスの代わりにお酢を入れても軽い感じで召し上がっていただけます。

 

かきあげ
1.ヤーコンはスライサーで太千切りにし水にサッとさらす
2.人参もスライサーで太千切りにしホールコーン缶は水切りをしておく
3.ボールにヤーコン、人参、コーンを入れ薄力粉を加え和え衣を混ぜる
4.天ぷら油をあたため、かき揚げにする

炒めもの
1.ヤーコンは1cmスライスする
2.豚肉の小間切りは塩コショウし片栗粉をまぶ しフライパンで両面焼き一旦取り出す
3.ヤーコンも油で両面焼き豚肉を戻し
茹でたほうれん草を入れ軽く炒めた後
 ポン酢しょうゆで味付け