令和3年度「どうだん亭」春の一般公開

【市制50周年記念】令和3年度「どうだん亭」春の一般公開(健康マイスター対象事業)

4月10日(土曜日)から18日(日曜日)まで春の一般公開を行います。
ドウダンツツジの可憐な白い花が咲くこの期間中は、申請無しでご入場いただけますので、ぜひお越しください。

【開催日時】

令和3年4月10日から令和3年4月18日
午前10時から午後3時まで

(消毒作業のため終了時間が短くなっておりますので、お気をつけください)

【満天星(どうだん)亭とは】

どうだん亭の母屋は、享保8年(1723年)に岐阜県吉城郡坂下村(現在の飛騨市)の居宅として建てられたものです。昭和17年に現在の場所のやや西に、3階建てであったものを2階建てに改修し移築されました。昭和42年に母屋が現在の場所に曳き屋され、このとき離れも新築されています。
どうだん亭の名前の由来となっているドウダンツツジの美しい庭園は、謡曲「紅葉狩」をモチーフにこの頃に造られ、「幸福(松竹梅)」の中で「鶴(飛び石と枯れ池)」と「亀(築山)」が群れ遊ぶ様子が表現されています。

駐車場が大変少なくなっております。公共交通機関をご利用ください。

【新型コロナウイルス感染症対策に御協力ください】
○以下の方はご来場をお控えください。
発熱や咳、くしゃみなどの症状がある方
体調のすぐれない方
海外から入国した翌日から数えて14日以内の方
○会場入口で検温を実施しております。
○会場入口で手指消毒をお願いします。
○「氏名」、「連絡先」等のご記入をお願いします。
○マスクの着用をお願いします。
○混雑状況によっては入場をお待ちいただく場合があります。

【主催者】
尾張旭市教育委員会事務局
文化スポーツ課文化振興係

【お問合せ先】
尾張旭市役所教育委員会文化スポーツ課文化振興係
電話番号:0561-53-1144